土地家屋調査士・司法書士 吉良事務所

『筆界』ってなに?

お問い合わせはこちら かこがわ相続ベストパートナーズ

『筆界』と『所有権界』①

『筆界』と『所有権界』① ★加古川市の土地家屋調査士 吉良守史

2021/08/16

『筆界』って、なに?

知ればなるほど。土地境界。

「境界が分からないんです」「お隣さんともめてるんです」

私にそんなご相談は珍しくありませんが、本当に難しいケースは2~3割くらいです。

それらは境界以外の(たとえば感情的な)問題が複雑に絡んで難しくなっちゃってます。

「まず落ち着いて根本的なところから整理しましょうね」と私はお応えし始めます。

最初にお聞きしながら確認するのは、ご相談が『筆界』のお話なのか、そうでないかです。

 

さて。『筆界』ってなんでしょう。境界のこと?

一応〇なんですけど、もう一歩。「登記されている筆と筆の境界」のことです。

つまり国が認めた(或いは定めた)境界。

そもそもあなたの所有地も国土の一部です。

それを「筆」という単位で分けて、所有や取引や徴税を可能にしている訳です。

「筆=登記された土地」なので、当然その境界の判断や変更も好き勝手にはできません。

それが『筆界』の性質です。「個人間で筆界を変更」というのは絶対あり得ないんです。

 

でも実際には変わっていってますよね。

分譲されたり、2つ以上の土地がくっついて1つの大きな土地になったり。

それは筆界の「変更」ではなく、登記手続による筆界の「新設や消滅」の結果なのです。

(土地を分ける登記を「分筆」、くっつける登記を「合筆」と言います)

 

今回はここまで。シンプルにイメージしていただければ幸いです。

次回は『所有権界』という境界についてお話します。

この違いを知るだけで、境界紛争の原因や対策の方向性がかなり見えてくるかも。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。